コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

春の豊平川沿いを生き物を探しながらサイクリング

どうも、madです。

最近ここ北海道は札幌もすっかりと雪が溶けてきました。
春の訪れが嬉しいのか天気の良い週末は毎週のようにサイクリングに行って写真を撮ってきています。

DSCF3440.jpg

X-T1 + XF10-24mmF4 R OIS

先週の土曜日も自転車に乗って豊平川沿いを下ってきました。

前回、同じコースを走ったときは東雁来あたりでサイクリングロードが積雪場で途切れてしまっていたので、その場でUターンしてきたのですが、今回はその積雪場を迂回してさらに豊平川沿いを下って「あいの里」の少し手前までのサイクリングです。

  • 豊平川沿いの野鳥
    • ハクセキレイ
    • マガモ
    • ヒバリ
    • ノビタキ
  • 虫も活動を始めたようです
    • カワゲラ
    • マルハナバチ
    • クジャクチョウ
  • 風景
  • 使用カメラ&レンズ
続きを読む

赤ちゃんを可愛く撮るには単焦点レンズを買ってみよう

どうも、madです。

mamashizue.hatenablog.com

先週の土曜日、妻(id:chizurumaro)を伴って古くからの友人である「しず」さん(id:mamashizue)の家へ遊びに行って、しずさんのお子さんを愛でて写真を撮らせてもらいました。

  • 赤子撮るなら明るい単焦点レンズがおすすめ
    • 開放F値が小さいので、前後が大きくボケる
    • 室内の少ない光量でもシャッタースピードが稼げる
  • 子どもが生まれたからカメラを買ってみようかなという人に

P4080001.jpg

E-M1MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

従兄弟の赤子たちとは何人か触れ合ったことがありましたが、友人の赤子と席を同じくする機会は今回が初めて。

そのあまりの可愛さに夫婦揃って骨抜きになりながら、小学生低学年からの友人が子どもを育てているのを見て、自分もこんなに年をとったのだなぁと感慨深いものがありました。

続きを読む

琴似発寒川沿いをサイクリング。X-T1のクラシッククロームとモノクロが良い感じ

どうも、madです。

今日は札幌市内の琴似発寒川沿いを農試公園かあたりから上流に辿って発寒川緑地のあたりまで自転車でサイクリングに行ってきましたよー。

DSCF3418.jpg

X-T1 + XF10-24mmF4 R OIS

ようやく道路の雪もすっかりと溶けたので、冬に比べてふらっと遠出しやすくなったのが嬉しい。
けれども、この時期の野山ではまだ木々の新芽も開いておらず、いまいち色味に乏しい光景が広がっています。

上の写真は琴似発寒川の様子ですが、色味が少ない時に無理に色鮮やかな写真にすることもあるまいと思って普段あまり使うことのなかったX-T1 のフィルムシミュレーション「CLASSIC CHROME(クラシッククローム)」で撮影してみたところ、渋みがあって落ち着いた色味の写真に仕上がりました。

madも今年とうとう三十路に突入することもあり、ちょっとずつ渋みも出てきたらいいなーと思っておりますが、友人宅に赤子を見にいった時に「あらー、あらー、どったの?あんた、どしたのよ〜」と親戚の赤子に接するおばちゃんのようになってしまったあたり渋みからは程遠い。

続きを読む

雪解けシーズンの豊平川でサイクリング

どうも、madです。

ここ北海道は札幌市もようやく主要道路の雪が溶けてきて春めいてきたので、先日の日曜日は冬の間お休みしていた自転車を整備して豊平川沿いにサイクリングへ行ってきました。

  • 今シーズン初めてのサイクリング
  • この時期の豊平川河川敷はまだ雪がたくさん
  • 河川敷には野鳥がたくさん
    • モズ(百舌鳥)
    • ヒバリ(雲雀)
  • 自転車に乗っても安心のカメラリュック
  • 使用カメラ&レンズ

今シーズン初めてのサイクリング

DSCF3395.jpg

X-T1 + XF10-24mmF4 R OIS
ホーマックで購入した前にカゴ後ろに荷台がついている1万円程度のママチャリが愛車です。例年だいたい2年間で乗りつぶします。

このママチャリで札幌市の北区から定山渓温泉までサイクリングしたりするのですが、長距離運転だとさすがにクロスバイクとかが欲しくなりますね。

今回は平和大橋から豊平川河川敷に入って豊平川を石狩のほうへ下って東雁来の豊水大橋あたりまで行ってきました。

続きを読む

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro マイクロフォーサーズの良マクロレンズ

どうも、madです。

冬の間は野山へ野鳥撮影に行ったり、動物を撮影したりに行って、めっきり使用頻度が下がっていたマクロレンズ。

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

 

マイクロフォーサーズマウント規格の中望遠マクロレンズであるM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroを持っているのですが、春から秋にかけては植物や昆虫を撮るためにガンガン持ち出していましたが、全てが雪に埋もれる北海道の冬場ではあまり持ち出すことのないレンズでした。

そんな冬の真っ盛りにカメラ本体をOM-D E-M5 MarkⅡからOM-D E-M1 MarkⅡに乗り換えたこともあり、今までM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MacroをOM-D E-M1 MarkⅡに付けて撮影に行ったことがなかったんです。

週末ごとに野鳥を撮るため遠方に行くことに若干の疲れを感じていた最近。
先週末は少しペースダウンしようと思って、試しにM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MacroをOM-D E-M1 MarkⅡにくっつけて近場(北海道大学構内)に撮影に行ってみたら、「こんな良い写りをするレンズだったか!」と再認識して惚れ直したので記事にしてみました。

※以下の写真は全てM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 MacroとOM-D E-M1 MarkⅡの組み合わせで撮影しています。

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroで撮影した写真

P3260372.jpg

妻が現在頑張って塗っている塗り絵本の表紙を絞り開放(F2.8)で撮ってみました。

chizurumaro.hatenablog.comマイクロフォーサーズといえども、60mm(フルサイズ換算120mm)でF2.8だとかなりボケます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROも同じ開放F値ですが、ボケの性質がかなり違い、M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroはさすがマクロレンズといったところでしょうか、とても柔らかく綺麗な感じで合焦位置の前後がボケてくれます。

続きを読む