コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

コンデジとミラーレス一眼の使い分け

DSC00568

2013年5月18日

エゾシマリス

札幌 円山公園にて

 

DSC00500

2013年5月18日

ミカドネズミ?

札幌 宮丘公園

 

 

 

今年の8月にミラーレス一眼を買うまでは、ずっとコンデジで撮影をしていました

上の2枚は、そのコンデジ時代にこちらのカメラを使って撮影していた写真です。

 

SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラウン
SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラウン 

 

 こちらのカメラですが光学ズーム20倍で、しかもGPSを搭載しているので、野山での撮影が多い僕としては非常に使い勝手が良かったカメラです。

 

ミラーレス一眼を買うまでは、「写真を撮る」=「記録を残す」といった意識がありました。

植物や昆虫をかたっぱしから撮影して、家で図鑑片手に種名を同定するのが趣味だったので、カメラに期待していたことは、

  • 持ち運びが簡単&ポケットからすぐに取り出して撮影できるサイズのカメラ
  • レンズの傷とかあまり気にしなくていい丈夫さ
  • 周囲の環境も一緒に記録できる深い被写界深度
  • 光学ズーム倍率が高い
  • 撮影した場所を記録できる(GPS搭載)

だったんです。

その要件を満たしてくれたのが、上で紹介したコンデジ。

 

だけれど今年に入ってから、単なる記録写真ではない写真が撮りたいという欲求にかられてミラーレスを買ったのでした。

そして、その欲求の延長線上にあるのがこのブログです。

 

ミラーレスを買ってから、さらには20mmの単焦点レンズを買ってから写真の表現の幅が広がりました。 画像もきれいですし、高感度撮影にも強い。

でも、ミラーレスやフルサイズ一眼といったレンズ交換式のカメラにも弱点があります。上で列挙したような項目が苦手ということ。

 

ミラーレスだからフルサイズに比べて持ち運びはまだ簡単ですが、やはり取り回しの便利さはコンデジには適いません。

また、高倍率のズームレンズを買おうとするとかなりお金がかかります。

 

なのでコンデジの携帯性と高倍率ズーム・ミラーレスの表現力を求めた結果、山に行くときにはポケットにコンデジ、鞄にミラーレスといった出で立ちに。

  • 即時性が求められる or 被写体が遠くにいるときはコンデジ
  • ゆっくり撮影できる and いろんな表現で綺麗に撮りたい時はミラーレス

といったように僕は使い分けています。