コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T2」で主に撮影してます。

お気に入りの写真ブログのご紹介_ネイチャー編

20130917-P1010428.jpg

2013年9月17日

阿寒湖畔にて撮影

 

 

どうも、仕事始め2日目にして年末・正月に蓄えたエネルギーを使い果たしたmadです。

 

写真を撮ってると他の人がどんな写真を撮っているかが気になります。

そしていろんな写真ブログやHPを練り歩くのですが、今日はその中でもmadがお気に入りの自然写真のブログを2つ、HPを1つご紹介。

 

 

『IM』カニムシやザトウムシの素敵な写真がたくさん 

I M 

 

 

 

 

ジークさんが運営されている「IM」

 

カニムシやザトウムシを撮らせたら、ジークさんの右に出る人はいないとmadは思っています。写真の締まった暗部と透明感が好き。

 

写真もスゴく綺麗ですが、さらにすごいのは科ごとに細分化されたカテゴリ。

蜘形鋼だけで26項目あるという・・・

同定が大変そうです。

 

 

『fungiphoto.com』綺麗なキノコ写真がいっぱい

 

www.FungiPhoto.com Mushroom Photo Catalog

キノコ写真がたくさんあるWebサイト。

Taylor Lockwood さんが撮影された写真みたいです。

このTaylorさん、サイトの紹介文(http://www.taylorlockwood.com/)を見てみると、

 

"Wherever he goes -- from the Amazon to Tibet, from New Zealand to Nigeria, from the fringe of urban parking lots to remote nature sanctuaries -- Taylor Lockwood brings back the most welcome and most ancient of news: that the world is rich in miraculous beauty that will astound the mind as well as dazzle the eyes."

 

(mad超意訳)

アマゾンからチベットニュージーランドからナイジェリア、そして都会の駐車場周りから人里離れた自然保護区まで。

彼が訪れるところどこでも、テイラー・ロックウッドは私たちに、太古からのありがたい思いを呼び起こしてくれる。

世界は目が眩むような神秘的な美に満ちているということを。

 

なんだかよくわからないけれど、テイラーさん格好いいぞ!

 

 

『photo diary 』力強くも繊細な風景写真

 

photo diary

 oh_k さんの『photo diary』

一枚一枚に物語を感じるような風景写真がすばらしいです。

勉強になります。

 

 

 

写真をちゃんと撮るようになってから、他の人が撮った写真を見る時に「どうやったらこんな風に撮れるんだろう」と意識するようになりました。

 

良い写真の撮り方は、良い写真に学ぶのが一番な気がします。

写真って文章とかと違って、インプットがアウトプットに比べて少なくなりがち。

意識して、たくさんの写真を見るようにしていかなきゃなーと思う今日この頃です。