コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T2」で主に撮影してます。

【今週のお題「日記・手帖」】mad流 ほぼ日手帳の使い方

f:id:madhatter87:20140122203348j:plain

どうも、madです。

 

はてなブログの

今週のお題「日記・手帳」

に乗っかって、madのほぼ日手帳の使い方について書いてみます。

 

 

※関連記事

 

「ほぼ日手帖」を買ってみたけど、カバーが高価だったので文庫本カバーをつけてみた。 - 写真練習帖。そして日々の雑感

 

手帳というより日記帳として使う

ほぼ日手帳、手帳という名前が付いてますが、madは家に据え置いて日記帳として使っています。

1日の分量として文庫本サイズがちょうどいい感じ。

1日の終わりにその日のことを思い出して書いてます。

 

ちなみに筆記具はカクノを使っています。

1050円という良心的な値段で書き心地さいこうですぞ!

 

 

 

書き続けるためにテンプレートを決める

毎日書くために、書く内容のテンプレートを決めています。

具体的には以下の3項目を必ず書くようにしてますね。

  1. ブログ更新内容と所感
  2. 朝・昼・晩に食べた物
  3. 出かけた場所

日記を書く気力がないときは、この3項目だけ書いて終わりです。

意欲に溢れているときは+αで色々書き足してます。

 

イラストを描く・写真を貼る

あとで見返したときに内容を思い出せるように、下手でもイラストをいれるようにしてます。

 

また、写真を貼るときには、Printsgramというサービスがありまして、こちらを使うとInstagramに投稿した写真を ほぼ日手帳に貼るのにちょうどいいサイズで印刷できます。

 

Printsgram - Print Your Instagram Photos
 

A4普通紙に印刷すると手帳に貼ってもかさばらすにgoodです。

 

書けない日があっても気にしない

どうしても書く気力が湧かず、空白になってしまったページができても気にしないことが大事。

空白のページでも「その日は書く気力がなかった」という情報になります。

 

毎日書くのを目標としてたけど、1日書けなかったためにやる気がなくなりその後も放棄 というパターンにならないように気をつけています。

 

ほぼ日手帳、お高いけどオススメ

文庫本サイズで 2000円、A5サイズで3500円といい値段がする ほぼ日手帳。

使い始める前は高いなーと思ってましたが、使ってみると適正価格かなと思い始めました。

その理由としては以下の3点ですかねー。

 

  1. 月齢・旧暦が記載されてる
  2. 紙が薄いのでかさばらない
  3. さらさら書きたくなるような紙の質感
  4. 価格が高いため、毎日書こうという気になる

 

 

以上、mad流ほぼ日手帳の使いかたでした。