読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm のマクロ機能で昆虫を撮影してみる&昆虫撮影の参考になる書籍・Webサイトまとめ

動植物写真 写真撮影法と機材 マクロ撮影

20140525-P5250443.jpg

霧の藻岩山登山道(スキー場コース) 

 

どうも、madです。

昨日、今シーズン初めての藻岩山登山へ行って昆虫写真を思う存分撮ってきましたよ!

こちらの記事で書いているように昆虫ラバーなmad、虫を撮るときは人物を撮影するときの10倍位の真剣さで撮影しています。

 

昆虫標本作りに最低限必要な道具4点。奥本大三郎 著『楽しい昆虫採集』を再読して - コリラックマに恋する男子の写真練習帖

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm のマクロ機能を野外で試してきた

この記事でちょっと書きましたが、標準ズームレンズであるM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmにはマクロ撮影機能がついており、43mmのマクロレンズとして使用することもできるんです。

M.ZUIKO DIGITAL 12-50mmレンズのマクロモードでどこまで被写体に寄れるか試してみた - コリラックマに恋する男子の写真練習帖

 

気軽にマクロ撮影できるのはいいんですが、このレンズ自体の解像度がいまいちなのが関係しているのか、マクロモード時内蔵EVFでピント合わせがしづらいのが難点。

ぼやーっとしてピントが合ってるんだか合ってないんだかわかりにくいので背面液晶でピント確認をするんですが、晴天下の野外では背面液晶が見づらいんですよね。

ちゃんとしたマクロレンズ欲しいなーと思いつつ、今回撮ってきた写真がこちら。

 

意外としっかり撮れる 

20140525-P5250406.jpg

ハナウドゾウムシ

F11まで絞り、内蔵ストロボを焚いて撮影しました。

光沢感がある甲虫はストロボ撮影すると不自然な見た目になることが多いんですが、こいつくらいツヤ消しの見た目をしているとけっこう自然に撮れます。

ポケットにkenkoの「影とり」を忍ばせていたんですが、今回は使う機会がなかったので次回積極的に使っていきたいと思います。

 

 

20140525-P5250430.jpg

オカダンゴムシ

イボイボが微妙に気持ち悪いワラジムシと違って、ツルツルしているオカダンゴムシは可愛くて好き。

 

20140525-P5250440.jpg

コモンツチバチ

コガネムシの幼虫に麻酔をかけて生きながら子供の餌にするという、なかなかにエグイ蜂さん。

 

20140525-P5250535.jpg

エゾスジグロシロチョウ

複眼が綺麗に撮れました。

 

20140525-P5250509.jpg

昆虫じゃないけど粘菌(変形菌)ムラサキホコリ属の子実体

毎年同じ倒木に発生してます。

ちなみに粘菌や南方熊楠が好きな人には、水木しげる著『猫楠』がおすすめ。

 

南方熊楠の魅力を凝縮!水木しげる著『猫楠〜南方熊楠の生涯』 - コリラックマに恋する男子の写真練習帖

 

ちゃんとしたマクロレンズが欲しい!

なんちゃってマクロレンズでこれだけの写真が撮れるのならば、ちゃんとしたマクロレンズはさぞかし素晴らしいことだろうと、マクロレンズ購入欲がむくむくと立ち上がってきている昨今。

 

解像度だけではなく撮影距離も重要で、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmの43mmマクロモードでは、被写体にかなり近づかないと大写しにできないため、警戒心の強い虫は逃げてしまうという欠点があります。

 

それでマイクロフォーサーズレンズで何かいいレンズないかなーと探してみたところ、評判がよろしいのがM.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

 

OLYMPUS(オリンパス)のレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro で撮影した写真(画像)一覧 (お気に入りが多い順(最近3カ月)) - 写真共有サイト:PHOTOHITO

45,000円くらいするレンズなんですが、今年の山登りシーズン中にぜひ手に入れたいなーと思っている一本。

 

あとマクロレンズではないですが、顕微鏡写真のように超マクロで撮影できるOLYMPUS STYLUS TG-3 Toughも気になってます。

 

防水デジタルカメラ STYLUS TG-3 Tough|オリンパス
TG-3 Tough ...
 

 

昆虫写真撮影時に参考になる書籍&Webサイト

参考になる書籍

『デジタルカメラによる 海野和男の昆虫撮影テクニック 増補改訂版』

昆虫写真家である海野和男(うんのかずお)さんが自らのテクニックを惜しげもなく紹介してくれる一冊。

これをよんでから一味違う昆虫写真が撮れるようになりました。

力を入れて昆虫撮影をしたい方にはぜひおすすめの一冊。

 

『札幌の昆虫』

撮影した昆虫の種名を同定するときに、やはり手元に一冊は図鑑を置いておくと便利。

図鑑でだいたいのアタリをつけてから、Webで検索をかけて詳しく調べてみるとたいていの種名が分かります。

本書は1700種の昆虫を3300枚の写真で紹介する図鑑で、"札幌の昆虫"と銘打っていますが北海道内で日常的にみかける昆虫を同定するのに必要十分な図鑑です。

 

参考になるWebサイト

海野和男のデジタル昆虫記 - 環境goo

「虫を撮る。」

Beautiful Bugs: How to Do Macro Insect Photography

ASCII.jp:昆虫撮影のマクロな魅力──デジカメ撮影術 (1/5)