コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T2」で主に撮影してます。

5月31日は藻岩山の日!ロープウェイに乗って夜景を撮ってきた

どうも、madです。

 

5月31日は「藻岩山の日」(標高が531mだから)ということで昨日、いつもは歩いて登る藻岩山へ初めてロープウェイで登って夜景を見に行ってきました。

歩いて登るのとは違った感動が味わえますので、普段はてくてく登って来る人も楽しめますよ。

 

アクセス

f:id:madhatter87:20140601172533j:plain

藻岩山ロープウェイ乗り場

 

藻岩山へのアクセス - 札幌もいわ山ロープウェイ
 

札幌市電に乗車後「ロープウェイ入口」で下車。

下車後、ロープウェイ乗り場まで無料シャトルバスが走ってますが、歩いても10分かからない距離にあるのでシャトルバスがいっぱいで乗れなくても大丈夫です。

 

f:id:madhatter87:20140601172604j:plain

 

いざ、ロープウェイ

f:id:madhatter87:20140601172624j:plain

ロープウェイ乗り場には藻岩山のキャラクター「もーりす」の巨大ぬいぐるみが!

藻岩山の奥深くにすみ、「も」と鳴く目が死んでるエゾリスです。

もいもい。

 

f:id:madhatter87:20140601172643j:plain

乗り場からロープウェイに乗り込み、まずは中腹駅を目指します。

札幌市街と墓地が見下ろせます。

So good!

 

f:id:madhatter87:20140601172706j:plain

中腹駅につきました。

ここでロープウェイから、もーりすカーへ乗り換えて山頂を目指すのが正規ルートらしいんですが、中腹駅から山頂まで遊歩道も整備されていて歩いても10分ちょっとで到着します。

 

f:id:madhatter87:20140601172722j:plain

中腹駅から山頂へ向かう もーりすカー(右上)を見送る。

これで片道300円も取るんかいなと突っ込みたくなるくらいの短距離走行。

明るいうちは中腹駅から山頂駅まで遊歩道を歩くのがおすすめ。

 

山頂に到着

f:id:madhatter87:20140601172741j:plain

山頂展望台から、市内を見下す見下ろす嫁。

日が長くなってきたので18:40分でもまだけっこう明るく、札幌市街が見渡せます。

 

f:id:madhatter87:20140601172801j:plain

円山も藻岩山から見たらえらく低く見えますね。

 

f:id:madhatter87:20140601172913j:plain

f:id:madhatter87:20140601172822j:plain

日が落ちるまで暇つぶしタイム。

写真は、山頂展望台にある「幸せの鐘」と「愛の南京錠

もいわ中腹駅で打っている南京錠にメッセージを書いて、山頂展望台の幸せの鐘近くのポールにつけることで二人の愛の記念とするらしいです。

 

日が暮れる直前の夕闇がきれい

f:id:madhatter87:20140601211004j:plain

 

f:id:madhatter87:20140601172854j:plain

夕闇の藻岩観音奥の院電波塔

19:15くらいに撮影

 

時間帯によって雰囲気が違う夜景

f:id:madhatter87:20140601172935j:plain

19:30頃

 

f:id:madhatter87:20140601172959j:plain

20:30頃 

 

それぞれ10枚ほど少しずつ角度をずらして撮影したものをPhotoshop Elementsで画像合成しました。

パノラマ写真を作成する方法 (Photoshop Elements 11)

それにしても、頂上からの夜景は1時間違うと雰囲気も全然変わってきますね。

ちなみに今の時期だと20時を過ぎるとTHE・夜景!といった雰囲気を楽しめます。

 

 北海道3大夜景に数えられる藻岩山からの夜景

 函館の函館山小樽の天狗山と並び、北海道の3大夜景に数えられる札幌の藻岩山からの夜景。

山頂までのアクセスも大変よろしく、気軽に行けるスポットなのでおすすめです。