読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

駆除される前にスズメバチの巣作りを生暖かく見守ってマクロ撮影してみる

動植物写真 マクロ撮影 宮丘公園

どうも、madです。

最近、昆虫写真をM ZUIKO DIGITAL 12-50mmのマクロモードで撮影するのに凝っています。

 

休日には公園や山に行って昆虫撮影をしているのですが、先日あまりに天気が良かったので午後から仕事を放り投げて撮影に行った宮丘公園に行ったんですよ。

 

 

宮丘公園は札幌市西区西野に位置する特殊公園で、しばしばヒグマの目撃情報があるくらい自然豊かな公園です。

madの部屋から自転車で1時間ほどでいけるので、夏場に良く通う公園の1つ。

で、天気がいいからという理由で午後休をとる反社会的な行動をとった代償として遭遇できたのがスズメバチの巣作りでした。

 

20140529-P5290617.jpg

20140529-P5290621.jpg

2014年5月29日(木)札幌市宮丘公園にて撮影

偶然出会ったスズメバチ(コガタスズメバチ?)女王の巣作り。

せっせと巣作りにはげんでいたので、フラッシュをたいて近距離撮影しても全然大丈夫でした。

越冬から覚めた女王が一心不乱に一匹で巣を作っている姿はこの時期しか見ることのできない貴重な光景です。

スズメバチをこんなに無防備に近接撮影できるのは今の時期限定ですぞ。

働きバチが増えてきたらこんなに巣には近づけないです。

 

で、3日後にもう一度訪れて撮影した写真がこちら

20140601-P6010955.jpg

2014年6月1日(日)札幌市宮丘公園にて撮影

傘の部分が大きくなりました。

ものの3日でこれだけ巣が大きくなることに驚きです。

人里において、見つかったら撤去される宿命にあるスズメバチの巣ですが初期巣が完成するまではこのまま見つからずに頑張ってほしいなーと思います。

 

で、この宮丘公園は色々な昆虫がいて昆虫撮影の練習には最適なスポットなのです。

今の時期はこんな虫に出会うことができます。

宮丘公園、昆虫写真の練習場として一度訪れてみると楽しいですよ。

 

20140529-P5290627.jpg

2014年5月29日(木)札幌市宮丘公園

チシマザサの葉の上で、ハエの一種を捕食するワカバグモ

2匹捕まえてご満悦のようでした。

 

20140529-P5290643.jpg

2014年5月29日(木)札幌市宮丘公園

ハナムグリ

 

20140529-P5290582.jpg

2014年5月29日(木)札幌市宮丘公園

ワスレナグサを食べるなにかの幼虫

 

20140529-P5290600.jpg

2014年5月29日(木)札幌市宮丘公園

クロオオアリを内蔵フラッシュで撮影。

 

20140601-P6010911.jpg

 

2014年6月1日(日)札幌市宮丘公園

チャバネアオカメムシ

 

20140601-P6010885.jpg

2014年6月1日(日)札幌市宮丘公園

フキの茎にとまるエゾハルゼミ

 

20140601-P6011005.jpg

2014年6月1日(日)札幌市宮丘公園

ツツジの花に来ていたキアゲハを連写して飛び立つところを撮影。

ピントが甘かったのが残念。

20140601-P6010995.jpg

2014年6月1日(日)札幌市宮丘公園

同じくツツジの花に来ていたミヤマカラスアゲハを撮影。

Lightroomでアゲハ本体以外の彩度を下げてみた。

 

昆虫撮影おすすめ撮影本