コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

卵のような可愛いキノコ!タマゴタケの幼菌を家で育ててみる

どうも、madです。

 

土曜日の深夜から日曜日の明け方にかけて雨が降った先週末の札幌。

夏も終盤を迎え、これはもう絶好のキノコ日和だろうと日曜日に野山へおでかけしてきました!

 

そろそろタマゴタケが出てるころだろうなぁ。撮りたいなぁ。

と思いながら散策すること20分。

 

タマゴタケ発見!

f:id:madhatter87:20150824194910j:plain

柄が傘を突き破っているというなんとも奇妙な状態ではありましたが、林床にタマゴタケを見つけて興奮。

 

以前こんな記事を書きましたが、ほんとそのとおりです。

madhatter87.hatenablog.com

 

キノコを一つ発見した場合は付近をよく探すともっと見つかることが多いので、落ち葉をかき分けながら探してみると・・・

 

f:id:madhatter87:20150824195258j:plain

落ち葉から顔を覗かせている幼菌(発生したての子実体)発見!

まるでトリュフに惹きつけられるブタのように周囲の腐植質を取り除いて・・・

 

f:id:madhatter87:20150824195619j:plain

タマゴタケの幼菌、採ったどー!!

 

傘の先端がまだ完全に白い外皮膜に包まれた状態で、まるで卵のようです。

タマゴタケという名前に違わぬその外見。

 

f:id:madhatter87:20150824195647j:plain

こちらは該被膜から少しオレンジ色の傘の部分が覗いている個体。

 

 

f:id:madhatter87:20150824195946j:plain

手に持つとずっしりと幸せな重さが伝わってきます。

 

採り尽くさないように注意しながら、計3つのタマゴタケ幼菌を採取して家にお持ち帰りしました。

 

生食もできるタマゴタケ

f:id:madhatter87:20150824200113j:plain

家に着くなりまずはしげしげと観察。

キノコって虫がけっこうついているイメージなんですが、きれいなもんで見た感じ虫1匹と確認できません。

 

f:id:madhatter87:20150824200346j:plain

外皮膜ごと包丁で縦に切ったもの。

純白の外皮膜に保護される形でオレンジ色の傘部分と柄の部分が形成されているのがわかります。

 

f:id:madhatter87:20150824200524j:plain

傘周囲の外皮膜を取り除いたところ。

 

まるで赤子のような傷ひとつないツヤツヤの傘の部分はまるで芸術品のようです。

タマゴタケ、生食もできるとのことだったので、妻が寝てるのをいいことに傘の部分をこのまま食してみる。

クリのような風味でなかなか美味しかったです。

 

家のなかで育ててみる

f:id:madhatter87:20150824200858j:plain

 

f:id:madhatter87:20150824200908j:plain

 

先に2つ割りにした見た目から、ここまで育てばあとは外皮膜から成長に必要なものを吸収して傘が開くまでいけるんじゃないか。

そんな目論見のもと、傘の部分が少し覗いていた幼菌2つについては、タッパーにしめらせたティッシュを敷き詰めて上からふんわりとサランラップをかぶせて、傘が開くまで観察することにしました。

 

そして今日の朝・・・

 

f:id:madhatter87:20150824201341j:plain

めっちゃ育っとる!!

 

彼岸花の球根を鉢に植えて、にんにくの芽みたいのが出てきたなと思ったら驚異的な速さで伸長成長を始めたときの驚きに似ています。

 

それにしてもなんと可愛いらしいのでしょう、タマゴタケ。

栽培が困難な外生菌根菌にあたるため流通していませんが、栽培できた暁には、幼菌の状態で出荷して部屋の中で傘が開くまで観察できるようにすれば、その愛くるしさに注文が殺到するでしょう。

心が乾いてしまった悲しみに日々明け暮れる現代人に寄り添う伴侶となるポテンシャルを秘めたタマゴタケ。

 

f:id:madhatter87:20150824201545j:plain

そして今日、仕事が終わって夕方に帰宅したときの様子。

柄と傘をつないでいる膜みたいなものが剥がれていよいよこれから傘が開きまっせ!という風情です。

明日の朝には傘が開いているかもしれません。

傘が開いたら写真を撮ってから美味しくいただこうと思います。

 

以上、「卵のような可愛いキノコ!タマゴタケの幼菌を家で育ててみる」でした。

 

 

※2015年8月26日追記

さらに翌日、そろそろ傘が開いてるかなーと期待しながら仕事から帰宅したmadを待ち構えていたタマゴタケちゃんの様子がこちら

 

f:id:madhatter87:20150826192735j:plain

 

ジーザス!しなびてるぜっ!

 

湿度が足りなかったのか他の要因なのか研究しごたえがありますね・・・