読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

簿記3級試験で折られた心を「ゆるふわハイキー」写真で慰める

どうも、madです。 

 

合格テキスト 日商簿記3級 Ver.7.0 (よくわかる簿記シリーズ)

合格テキスト 日商簿記3級 Ver.7.0 (よくわかる簿記シリーズ)

 

 

本日は第141回 日商簿記検定の試験日でしたね!

職場で簿記の研修を受講する機会があり、madも3級の試験を本日受けてきたんですが……第5問で撃沈。

決算精算表、出ないのかよっ!

 

「災難回」だったそうです。

 

 

心が折れたので写真をハイキーに現像して癒される

そんなこんなで少々心が折れてしまったので、心を落ち着けるために過去に撮った写真を眺めていました。

つらつらと眺めていると、madの写真って、適正露出より暗い(ローキー)写真や明るい(ハイキー)写真があんまりないんだなーと気づきます。

Lightroomでも、無意識に適正露出寄りに現像してしまうんでしょうね。

 

でも、この構図や被写体だったら思いっきり明るくふんわり現像させたほうがしっくりくるなという写真が何枚かあったので、ハイキーに現像し直してみました、

 

 

P9120169.jpg

 

雨上がりに撮ったバラの花です。

実際は真紅の花びらなんですが、ハイライトが白飛びしないギリギリまで露光量をあげて、彩度とコントラストは下げてみました。

カーネーションみたいでかわいい!

 

 

DSC_7367.jpg

なにげなく生えている木も、ハイキー映えする被写体です。

 

 

DSC_7211.jpg

洞爺湖の遊覧船

ホワイトバランスをいじって、ちょっとノスタルジーを感じる写真に仕上げてみました。

 

 

DSC_5522.jpg

宮丘公園で見つけた葉っぱの上で日光浴をするニホンカナヘビ

まったりした雰囲気が伝わってきません?

 

 

過去に撮った写真を再現像する

写真って、撮影してからしばらく経って見直すと、「この被写体を活かすにはもっと全体的に明るく補正したほうがいいなー」とか「思いっきり暗くしたほうが雰囲気でるよね」とか、自分の作品に対して客観的に見ることができるようになるんですよね。

 

そういうときには、写真の仮想コピーを作って再現像を試してみることをおすすめします。

撮影時には気付かなかった表現方法が分かって、きっと次回の撮影にも活かせますよー。

 

エアリーフォトの撮り方レシピ (玄光社MOOK)

エアリーフォトの撮り方レシピ (玄光社MOOK)

 

 

HDR&ハイキー/ローキー 撮影・作成テクニック (玄光社MOOK)

HDR&ハイキー/ローキー 撮影・作成テクニック (玄光社MOOK)