コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

開放F値が小さい単焦点レンズでボケを楽しむ【AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G】

すごく今更な話ですが、実はNikonの単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G を持ってるんですよ、mad。

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

 

 

開放F値が大きく、背景を大幅にボカして「これぞ一眼レフの写真!」といったイメージの写真が撮れる単焦点レンズ。

 

しかしながら、今まで「室内で低ISO感度で撮れる」という利点に重点を置いていて、

 背景をボケさせるという意図で使う機会があまりありませんでした。

だって、 M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro のほうが流石マクロレンズだけあって、がっつりボケるもの。

 

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

 

 

というわけで、表現としてあまり活用できていなかった AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G でしたが、せっかく持っているのにもったいないという思いがフツフツと湧き上がってきたので、一度このレンズを使って盛大に背景をボケさせた写真を撮ってみることにしました。

 

すごく背景がボケるけれど、ピント面はとてもシャープ

DSC_7708.jpg

 

 

DSC_7741.jpg

 

 

DSC_7748.jpg

 

 

DSC_7752.jpg

 

上記の写真たちは全て D7100にAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを付けて、開放絞り( f/1.8)で撮影してます。

 

 

いやー、素晴らしいレンズですよ!

 

今まであんまり活用できてなくて面目ないって感じです。

DXフォーマットでもここまで背景がボケボケになるf/1.8の凄さに加え、ピントがあった箇所のシャープさが半端ない。

最短撮影距離が30mmなので思ったよりも被写体に寄って撮れるし、2万5千円ほどの良心的な値段を考えると素晴らしい仕上がり。

そして重さは200gという超軽量レンズ。手軽に持ち運びができます。

 

今後じゃんじゃん使っていこうと思います。

 

ズームレンズは捨てなさい!?3万円単焦点レンズで世界を変える?

ズームレンズは捨てなさい!?3万円単焦点レンズで世界を変える?