読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

【tree】木。樹木。

DSC_7676.jpg

 円山公園の大木カツラ

 

 

madは木を眺めるのが大好き。

樹皮にさわるのも好き。

そして木の写真を撮るのも好き。

樹木好きが昂じて、大学では森林科学を専攻していたほどだ。

 

なんでこんなに木が好きなんだろうか。

好きというより畏敬に近い感情を抱いているふうでもある。

なんでだろう。

 

つらつら考えて見るに、樹木に限らず長期に渡って生き永らえている生物にそういう感情を抱いていることがわかった。

自分が生まれてもいない時代の空気を吸って成長してきたものたちが、自分が生きている時代にしっかりとそこに存在している。

そんなことを考えると、自然と畏敬の念が湧いてくる。

 

 

そういえば、樹木にまつわるこんな素敵な体験がある。

 

以前、宮岡公園を散歩していたときにある老人に出会った。

僕がカメラをぶら下げて歩いていたところに

 

「いい写真は撮れましたか?」

 

と声をかけてくれたのがきっかけで一緒に公園を散策した。

その方は大変な博識で、道で会う樹木それぞれに解説を入れてくれた。

 

「僕はドロノキが大好きなんだ。ドロノキに対する想いだけで詩集が一冊は書ける」

目を輝かせながら、その人は公園内でも一等お気に入りのドロノキを見せてくれた。

今まで何気なく眺めていたドロノキが、とても輝いて見えた。

 

それ以降、宮岡公園に行く度にそのドロノキを眺める習慣ができた。

 

彼みたいにお気に入りの木を探して、その行く末を見守るような生活を送りたいと思った。