読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

【北海道観光】神威岬と積丹岬(島武意海岸)で積丹ブルーの海とウニを楽しむ!

写真アルバム日記

どうも、madです。

ここ札幌では、先週末の土日ともに晴れ渡り絶好の行楽日和となりました。
そんななか僕も7/23(土)には札幌市宮丘公園で昆虫撮影、7/24(日)には神威岬と積丹岬へドライブというアクティブな週末を過ごしていた次第です。

今日は昨日7/24に訪れた神威岬と積丹岬へのドライブについて書こうと思います。

 


神威(かむい)岬と積丹(しゃこたん)岬。
両方とも北海道西部に位置する積丹半島にある岬の名前です。
積丹半島から眺める日本海は鮮やかに青く透き通っており、その青の色鮮やかさは通称「積丹ブルー」と呼ばれています。

そんな素晴らしい積丹半島。
札幌から高速道路を使って2時間半ほどで行くことができるスポットです。

公共交通機関では、中央バスの「高速しゃこたん号」に乗って行く方法もあります。
中央バス 高速しゃこたん号 時刻表

 

神威岬

P7240925.jpg

 

 

P7240943.jpg

駐車場から歩いて岬の突端へ向かいます。
尾根沿いにアップダウンのある狭い歩道が整備されており、ちょっとしたトレイル気分。
けっこう距離があるので歩きやすい靴を推奨です。
また、日差しを遮るものが何もないので、日光に弱い人は帽子とサングラスを持って行くといいかも。道が狭いので日傘は広げづらいです。

 

コールマン メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

コールマン メガネの上から掛けられるオーバーサングラス 偏光レンズ ブラック CO3012-1

 

 

 

P7240934.jpg

カモメ等の海鳥やツバメが多数見られます。

 

P7240977.jpg

神居岬の先端部に到着。
安全柵も付いてはいるんですが、ほぼ断崖絶壁スポットなので安全には要注意
自撮り棒で柵から身を乗り出して自撮りしている人もいましたが、風の強い日にやると危険なので止めましょう。

 

P7240984.jpg

 

P7240986.jpg

岬の先からはこんな感じで美しい積丹ブルーに染まった日本海を展望することができます。

 

P7240998.jpg

帰りの風景もこれまた絶景。
駐車場からの距離が結構あってなかなか疲れる行程ですが、その苦労が報われるような絶景が広がる神威岬です。


積丹岬と島武意海岸

神威岬から10kmほど離れたところに、積丹岬という岬があります。

神威岬のほうが有名なイメージがあり、今まで訪れたことがありませんでしたので今回が初訪問となります。

しかし行ってみてびっくり。
積丹岬の駐車場から島武意海岸トンネルを抜けて海辺まで歩いて下ることができます。
神居岬では海岸まで降りることは不可能だったので、綺麗な海を眼下に遠く眺めることしかできませんでしたが、積丹岬では実際に青く澄んだ水を湛えた島武意海岸まで行くことができるんです。
また、積丹岬の駐車場から海岸までは神威岬よりアップダウンが激しいものの、距離は短かく、人も神威岬ほどたくさんいないので歩きやすい道です。

 

P7241058.jpg

島武意海岸の屏風岩

島武意海岸は「日本の渚百選」にも選ばれている場所です。

 

P7241048.jpg

 ここは沖縄のビーチか!?
と見紛うほど綺麗な遠浅の浜が広がります。

 

P7241061.jpg

 水内際で景色を楽しむ観光客の様子

 

P7241090.jpg

見てください!この水の透明度! 

 

P7241070.jpg島武意海岸には水着を着ている人もいました。
浮き輪をつけて遊んでいるお子さん方もちらほら。
たしかに海の中に入るとめちゃくちゃ気持ち良さそうです。

 

P7241108.jpg

ただ、海水浴場ではないんで当たり前ですがシャワー等の設備はありません。
駐車場のトイレ付近に水道がありますので、本格的に海に入って遊びたい人はここでペットボトル等に水を組んで、海上がりの体洗い用に持っていくことをおすすめします。

また、浜には着替える場所もありませんのでご注意ください。
(水着の人はどこで水着を着ているんでしょうね。服の下に着込んでいるのかしら)

 

f:id:madhatter87:20160726185606j:plain

膝までズボンをまくって足を水に浸すだけでもそれなりにバカンス感が味わえました。

 

積丹半島といえばウニでしょ

積丹半島といえば新鮮な海鮮が美味しいことで有名です。
その海の幸のなかでも特に有名なのは「ウニ」ではないでしょうか。

 

 

ウニ学

ウニ学

 

 

 ここ積丹半島では

  • エゾバフンウニ
  • キタムラサキウニ

の2種類が主に漁獲されています。


また、ウニの盛猟期は5月中旬~8月となっており(※ 1)、まさしく今の時期が新鮮な採れたてウニを食するのに最高のシーズンってわけです。

※1 後志総合振興局水産課  平成25年版後志管内水産統計資料 参照

積丹半島には、ウニ料理を提供する飲食店がたくさんありますが、今回は「うに膳屋 積丹本店 」でムラサキウニがたくさん乗ったウニ丼をいただいてきました。

tabelog.com

P7241024.jpg


実はmad、今までウニを食べてきてあまり美味しいと思ったことがなかったんです。
でもそれは、新鮮なウニを食べてこなかったからなんだなと実感しました。

採れたての新鮮なウニは、ミョウバン水で保存加工したウニとは別の食べ物のような甘みとまろやかさがあり、とても美味しい!

…あっというまに平らげてしまいました。
なんて贅沢!

夏の積丹半島に遊びに来た際は、ぜひ旬のウニを食べてみることをおすすめします。

 

使用カメラ&レンズ

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

 
OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

 

PLフィルターを装着すると海の透明度やと空の青さをより鮮やかに写すことができます。

Kenko PLフィルター サーキュラーPL 62mm コントラスト上昇・反射除去用 362112

Kenko PLフィルター サーキュラーPL 62mm コントラスト上昇・反射除去用 362112