コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T1」で主に撮影してます。

ちょっと不気味!な散歩写真

どうも、madです。

週末に息継ぎをする感じでなんとか平日の労働を泳ぎきっている気がする最近ですが、そんな生活が良いか悪いかは置いておいて、昨日今日と散歩に行って撮影した写真を何枚かご紹介しようと思います。

ちなみに今回の週末撮影のお題は「SB(少し不気味)」です。

PB120003.jpg

久しぶりに路面の雪が溶けて自転車が乗れるようになったので、宮丘公園へ自転車で向かう途中、琴似発寒川に寄り道して撮影したマガモの雄(撮影日:2016-11-12)

身近にいる鳥でありながら、メタリックグリーンの頭部がとても美しい。
メタリックグリーンがとても好きなmad、昔販売されていたipodの色とかヨダレが出そうなくらい好きな色味でしたね。
それにつけても、ヤマトタマムシ・オオセンチコガネ・アオカナブンの体色の美しさよ。

madは全然平気なのですが、周囲に「鳥が苦手!」って人が結構います。いわゆる鳥恐怖症ってやつでしょうか。madの母とか妻とかがそうです。

うちの母に関しては、生きた鶏の首を噛みちぎる女性のパフォーマンスを見世物小屋で小さい頃に見てからトラウマになり、鳥が苦手になったと言っていました。(いろいろとおおらかな時代だったのだと思います)

妻は「嘴で目を突かれそう」、「羽の一枚一枚をじっと見ていると気持ち悪くなる」、「やつら、何を考えているか分からない」といった理由から鳥が苦手らしいです。
まぁ、妻にいたっては予測不能な動きをする動物全般が苦手らしいのですが。

僕も鳥関係では色々な思い出がありますが、不思議と見たり触ったりするのが好きです。特にカラス。

 

PB120021.jpg

札幌市宮丘公園で撮影したオオウバユリの立ち枯れした実(撮影日:2016-11-12)
背景に緑色が欲しかったので、チシマザサの葉をバックにしてテレコンを付けたM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROでテレマクロ撮影をしてみました。

秋・冬に野山に行くと、その食虫植物のような見た目に心がキュンとなってしまう植物です。

春先にはオイル質でなんともコクがあって美味しそうな若葉を出すオオウバユリ。

ゴールデンカムイではまだ登場していませんが、実はその若葉や鱗茎は食べられるそうで、来年こそ採取して食べてみようと思っている所存。

 

 

 

PB120019-Edit.jpg

これ、なんだと思いますか?

答えはトドマツの樹幹を撮影したものです(撮影日:2016-11-12)。

枝が落ちた節の部分が見事に眼に見えたので撮影後にトリミングしてみました。
爬虫類系の眼に見えませんか?カメレオンとか。

写真を撮影する時にネタ切れを起こした際には、「これは何か他のモノに見えないか」と考えて被写体を探すと思わずおもしろい被写体に遭遇することができます。

 

PB130031.jpg

本日の日曜日、なにもしないまま休日が終わってしまうのはイヤだなーと思って散歩に出た帰り道、JRの高架下付近で見かけた男物のビジネスシューズ2足。(撮影日:2016-11-13)

雨が結構降ってたので、写真を撮らずに通り過ぎようと思ったのですが、こんなに物語性を感じさせる被写体はないと思い、通り過ぎた道を引き返して撮影した一枚。

面倒臭がらずに立ち止まって鞄からカメラを取り出して撮影する大事さを実感させられました。
どんな高画質のカメラを持ち歩いていたとしても、その一枚を撮らなければ意味がありません。

様々なストーリーが読み取れるような素敵な一枚になったかと自負していますが、なんでこんなところに靴を捨てていったのか謎が残る一枚でもあります。

フルサイズ換算18mmの超広角ズームレンズ、靴に寄ってパースペクティブを強調しながら撮影してみました。
ちなみにこのレンズです↓ 軽くて小さくて便利なレンズ。

使用カメラ&レンズ

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

OLYMPUS 超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6