コリラックマに恋する男子の写真練習帖

北海道札幌市で写真を撮ってます。リラックマ・コリラックマ写真とネイチャー写真が多めです。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」「STYLUS TG-4」、フジフィルムの「X-T2」で主に撮影してます。

OM-D E-M1 MarkⅡで北海道大学構内の野鳥を撮影

どうも、madです。

昨日は朝早く起きて西岡公園まで野鳥撮影に行ってきたのですが、4 時間ほど粘ってもこれといった写真が撮れず、気落ちして帰ってきました。

休日にも関わらず朝5時に起きた翌日だったので、今日はゆっくり寝てようと心に決めていたにも関わらず、なぜか7時ちょっと前に妙に寒くて起きてしまいました。

……すやすや隣で気持ちよさそうに寝ている妻が、タオルケットを残して掛け布団を全て奪い去っていたようです。そら寒くて目も覚めますわ。

今日はゆっくり寝るんだい!と決意していたので、布団を直して2度寝しようと思いましたが、窓から外を見てみるとなんとも爽やかな快晴のお天気。

こんな素敵な朝に2度寝するのももったいないと思い直して、パパっと身支度を整えて近場の北海道大学構内(以下、北大構内)に朝から野鳥を撮影に行ってきましたよ。

持っていたカメラとレンズはOM-D E-M2 MarkⅡとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO+1.4倍テレコンです。

ツグミ

P3120444.jpg

スズメ目ヒタキ科のツグミ です。
中央食堂横(理学部)のちょっと木が固まっているあたりで撮影しました。
いい感じに止まっていてくれたので、S-AF+MFでピントを追い込んで撮影。

ゴジュウカラ

P3120468.jpg

P3120530.jpg

スズメ目ゴジュウカラ科のゴジュウカラ
こちらも中央食堂横で撮影。
頭を下に向けながら幹を歩いて降りる様子が特徴的な鳥です。
こちらもS-AF+MFで撮影。

マヒワ

P3120513.jpg

P3120560.jpg

P3120514.jpg

スズメ目アトリ科のマヒワ
こちらも中央食堂横で撮影。
飛翔しているところを撮りたくて、9点グループターゲット・C-AFで連写しました。
1枚目、タイミングは良かったのですがピントが激甘で残念。
次回以降の課題です。

ベニヒワ

P3120515.jpg

スズメ目アトリ科のカワラヒワ
こちらも中央食堂横で9点グループターゲット・C-AFで連写撮影。
それにしても中央食堂横に集まる野鳥の種類が豊富。

ヒヨドリ

P3120582.jpg

P3120591.jpg

スズメ目ヒヨドリ科のヒヨドリ
まだあまり野鳥の鳴き声の聞き分けができませんが、ヒヨドリの鳴き声は自信を持って聞き分けることができます。
農学部前でS-AF+MFで撮影しました。

シジュウカラ

P3120608.jpg

スズメ目シジュウカラ科のシジュウカラ
農学部と理学部裏の農園沿いでS-AF+MFで撮影。
羽の色が好きな鳥の一種です。

ハシボソガラス

P3120633.jpg

スズメ目カラス科のハシボソガラス
文系東と弓道場に挟まれた道でS-AF+MF撮影。
昔は遠目に見た時にハシボソガラスなのかハシブトガラスなのか区別するのが大変でしたが、ハシボソガラスは鳴くときにお辞儀するように体を曲げて鳴くということを知ってから遠目にも区別がつくようになりました。

たくさんの野鳥が観察できる北海道大学構内

今まであまり意識していませんでしたが、時間を選んで訪れると北海道大学構内はたくさんの種類の野鳥を観察することができることが分かりました。

最近、早起きしてちょっと遠いところまで公共交通機関を使って野鳥を撮影に行っていたのですが、自分の身近にこんな良い野鳥撮影スポットがあったとは……
灯台下暗しというか、幸せの青い鳥は近くにいたというか。

今度からもうちょっとこまめに朝の北海道大学構内に通って野鳥撮影の練習をしようと思った1日でした。

新訂 北海道野鳥図鑑 (Alice field library)

新訂 北海道野鳥図鑑 (Alice field library)

 
デジタルカメラによる 野鳥の撮影テクニック

デジタルカメラによる 野鳥の撮影テクニック

 

使用カメラ&レンズ

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー