madの写真帖

北海道札幌市近郊で撮った写真がメインのブログです。動植物写真が多め。カメラは富士フイルムのX-H1、オリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡとTG-5を主に使っています。

「第38回さっぽろホワイトイルミネーション」をX-H1で手持ち撮影

今年もイルミネーションの時期がやってきましたね。
ここ札幌でも11月22日から札幌中心部で「第38回さっぽろホワイトイルミネーション」が始まったので、先週末に少しだけ写真を撮りに行ってきました。

使用カメラ&レンズ

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: エレクトロニクス
 
FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • 発売日: 2015/02/26
 

札幌駅 南口駅前広場会場

DSCF0005.jpg

DSCF0024.jpg

まずは札幌駅の南口駅前広場から。

去年と同じく、ディスプレイのように模様が表示されるイルミネーションと、木々の電飾、大きなツリーのイルミネーションがありました。

札幌市北3条広場(アカプラ)会場

DSCF0047.jpg

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)前の北3条広場では、時間ごとに色が切り替わる電飾で植木が覆われ、赤れんが庁舎をバックに撮影する人たちで賑わっていました。

大通3丁目会場

DSCF0054.jpg

大通3丁目会場には、今年新設のオブジェが設置されていました。
ライラックの花をモチーフにした「ブルーミング・ファウンテン」という名前のオブジェです。

DSCF0057.jpg

DSCF0060.jpg

DSCF0067.jpg

DSCF0069.jpg

この「ブルーミング・ファウンテン」、ここ数年のさっぽろホワイトイルミネーションの中で一番好きな造形をしてます。

X-H1の手ぶれ補正は優秀

もともと手ブレ補正機能がついている富士フイルム機が欲しいという理由で、X-T2からX-H1に買い替えたのですが、X-H1を使って夜景を手持ちで撮影するのは今回が初めて。

今回撮った写真のほとんどが「1/10秒」や「1/15秒」というスローシャッターで手持ち撮影しているのですが、手ブレしないで撮影できてて大満足。

補正段数5.5段は伊達じゃないですね。
これくらいのシャッタースピードであれば三脚不要です。

過去の「さっぽろホワイトイルミネーション」撮影記事